2020 秋季高校野球関東大会 出場校特集 「専大松戸」

広告
高校野球

10月24日(土)から千葉県で開幕する
秋季高等学校野球関東大会。
出場校の深堀りをしたいと思う。
(開幕までに全校できるかわからないが・・・)

まずは専修大学松戸高校から。

専修大学松戸高等学校

2015年夏。現在千葉ロッテマリーンズに所属する
原嵩投手を要して甲子園初出場。
率いるのは、持丸修一監督。

投手育成に定評があり、これまで監督就任したすべての学校
龍ヶ崎一、藤代、常総学院、専大松戸
で甲子園出場を果たしている。

ちなみに持丸監督がこの監督歴をまとめた本を出版されています。

信じる力
信じる力

「信じる力」持丸修一 竹書房 1980円
Kindle 版も出ているのでぜひご一読ください(笑)

専修大学松戸高校は、今年の夏の大会(独自大会)準優勝。
秋の大会は、準決勝で東京学館に逆転負けを喫するも
千葉英和との第3代表決定戦を制し、関東大会出場決めた。

意外にも、秋は関東初出場。

専修大松戸は持丸監督は、数多くのNPB選手を排出している。
書籍にも記述がありますが、

日本ハムファイタイーズ 上沢
千葉ロッテ 美馬 原 横山
ソフトバンク 高橋・・・

改めて名前を並べると、その顔ぶれにも驚くが、
本格派からアンダースロー投手まで、
様々なタイプの投手をプロ野球に排出。

投手それぞれの特徴を掴み、長所を伸ばすのに長けていることが
実績からもよく分かる。

今年の投手陣。
主戦、「深沢」は右サイドスローの本格派。
更に右の本格派「岡本陸」が控える。

打撃陣は、何と言っても4番「吉岡」が中心。
「山口」「石井」の中学野球出身者を加えてクリーンアップを構成。

中学野球というと、専大松戸は江戸川区立上一色中学出身者が多い
上一色中学は、小学校NPBジュニア選手権出場者も多数進学する
中学野球名門校。
千葉県大会、ベスト4に残ったチーム中でも
中学野球出身の選手が多いのも専大松戸の特徴だ。

関東大会では25日と第2試合出場茨木市鹿島学園との対戦となる

コメント

タイトルとURLをコピーしました